夏休みこそわが子に教育を施そう

小学校一年生にとっては、義務教育になって初めての長期夏休みです。
幼稚園の時とは違い、夏休みの間にもきっちり課題が出て、宿題をこなさなければなりませんし、自分で何かを制作する自由課題もあります。
決行手一杯で色々課題はありますが、それだけをこなす様では、横一列、周りのお友達と同じです。
抜きんでる為には、夏休みこそわが子にもっと教育を施さなければなりません。
幸い時間は沢山あります。
夏休みの宿題を午前中に終わらせれば、昼過ぎまでは十分にフリータイムを取る事が出来ます。
お友達と外で遊べる時間も十分ありますし、家族でちょっとそこまでお出かけする時間も取る事ができるでしょう。
その後に一日の締めくくりとして何か学校教育に関連した応用問題を解かせる様に、夏休みの内にしっかり習慣付ける干支良いかもしれません。
勉強は、リズムとバランスが大事です。
一日のうちに、しっかり遊ぶ時間も取れる夏休みだからこそ、いつもより多めに勉強時間を取ってみるのもよいでしょう。